忍者ブログ
さまざまな厳選されたゲームを取り扱う、ゲーム総合専門通販ネットショップ「ゲーム館」。あなたの求めるゲームにここで出会えるかもしれない。お求めの商品は右サイドバー右最上段「商品検索」をご利用下さい。
[50]  [156]  [249]  [269]  [126]  [165] 




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクトぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクト
テクノブレイン
Windows Vista DVD
発売日 2008-11-21




不要な忙しさが鑑賞派のじゃまをする 2008-11-30
旅客機の離発着を統制する航空管制を行うソフト


グラフィックが大幅に向上したぼく管3のシリーズの3作目

舞台が伊丹空港になり、忙しい国内線を再現しています。

なお、数量限定ではあるが、スクリーンセーバーや初代のぼく管が

ついているデラックス版もあるが、こちらは本体のソフトのみです。


シナリオ数は初心者版がついて7つになりました。

がそれまでと変わったところはそれぐらいです。


残念なところは、まず、ANAとJALだけで、とても単調です。

沖縄版だと軍用機が出たり、過去は色々工夫されていたのですが

架空の旅客機TBAがトラブルを起こさない限り平穏です。

また、この架空のTBAしかトラブルを起こさないので

かなりシナリオが読めてしまって興ざめなこと。

さらに、悪い癖で、難易度=忙しく対処することと思っている節が

あり、最後の2シナリオは忙しいだけでこれまた単調です。


伊丹、神戸、KIXと50KMと離れていない空港の複雑さは

全く再現されていません。また私のようなどちらかというと

”たしかに伊丹上空はここ飛んでいるよなぁ”と思いながら

楽しむ人にとっては、最後の2つのシナリオは、地上だけが

忙しく楽しめません。

ぼく管2時代の不思議なモノレールがあった頃の方が私は好きです。


ゲーム性を求める人にはこれが良いのかもしれませんが、

ゲームと共にいろいろな飛行機、状況、そして景色を楽しみたい

人には前作の沖縄をお勧めしたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
商品検索
バーコード
Copyright © ゲーム専門通販ネットショップ 「ゲーム館」 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]